INTERVIEW/対談

2018.06.26

インタビュー

インタビュー with 三上瑠衣(CLUB DARLIN) ルカ(CLUB GUYS) 如月カンナ(club Classy)

Q.先ずは、瑠衣副主任、ルカ補佐、月間売上1000万円突破おめでとうございます。
過去最高の売上を記録した感想を教えてください。

三上瑠衣(以下、瑠衣):21歳の時にも1400万オーバーを出したのに、23歳も同じ数字だったのは凄く悔しかったですが、今の僕のマドンナ達には本当に感情しています。

ルカ(以下、ルカ):無事に目標を達成出来てほっとしています。ですが僕が達成出来たのも従業員全員のおかげだと思っているので、本当に感謝しています。
また僕を輝かせてくれているのは、お姫様のおかげだと思っているので、本当に感謝しています。

Q.カンナ補佐は初めての100卓オーバーを記録しました。
且つ、入店から100卓突破最速記録保持者となりました。感想を教えて下さい。

如月カンナ(以下、カンナ):僕はヒカル社長に敷かれたレールの上を走っているだけです。100卓と言う数字は、僕と言うよりは僕を応援してくださっているお客様がスゴいだけですので、僕自身はまだまだ力不足を実感しました。ただ純粋に嬉しいです。
僕のレールと、僕の成長のために100卓という数字は毎回クリアしなければいけないので、これからも100を目標に走っていきます。

Q.皆さん、別店舗の所属ですが、それぞれの印象は如何ですか?

瑠衣:それぞれのカラーが合っていて雰囲気もいいんだな。と思います。

ルカ補佐は、謙虚で可愛い系なのに、どこか刺激的なホストの印象です。カンナ補佐は、若くして色気があり礼儀もしっかりとしていて、実力もあり今後が楽しみな印象です。

ルカ:それぞれとりあえずイケメンですね。(笑)僕にないものを持っている2人なのでウェブサイトをチェックしてます。

カンナ
瑠衣副主任は実際に話したの回数は少ないのですが、少し人見知りなのかなと感じました。(笑)話す前までは何せイケメンなので少し近寄りがたい印象でした。ですが話したらめちゃくちゃ優しい先輩。仕事への熱も見えたので流石groupBJNo1店舗の1000万playerだなと思いました。

ルカ補佐は営業中から営業終わりまで優しい感じが変わらなく、上司として男性にも女性にも好かれる存在なのは直ぐ感じました。GUYSさんは良い上司の方が多くて、その中の一人なので純粋に羨ましいと感じますね。(笑)

Q.それぞれ後輩が増えていますね。先輩としての心境は如何ですか?

瑠衣:もっと売上を上げていきホストの夢を見せていきたいと思っています。

ルカ:後輩が良い刺激をくれるので日々励みになってます。

カンナ:僕自身まだ入店して一年丁度なので、先輩は先輩ですがプレイヤーとしてはまだ未熟なところだらけだと思っています。後輩へのアドバイスは出来ることはできますが、売上を作れてきた後輩が多いので、まずは自分がプレイヤーとしてがむしゃらにやっていく背中を見ていってほしいなと。
だからこそサボってはいけないなと、逆に後輩から背中を押してもらっています。(笑)

Q.今後、自分のお店をどのようなお店にしていきたいですか?

瑠衣:誰も勝てない最強のお店にしたいです。

ルカ:もっと従業員を増やしてお店を大きくしたいですね。

カンナ:一条ヒカル社長の店舗として街でも名前が知られてきていますが、三店舗目を出すことが決まりました。
その中でいかに一条ヒカルと言う名前が無くても、街で名前を知られていくのかはスタープレイヤーに誰が一早くなれるかだと思っているので、従業員同士切磋琢磨し合い、全員がホスト力を身に付けていきたいです。

Classyと言ったら一条ヒカルから、Classyと言ったら如月カンナと言われるくらい自分が強くなっていくことが野望です。

Q.皆さんがグループに入ったきっかけは何だったのでしょう?

瑠衣:当時いた代表さんの紹介です。

ルカ:お声を頂いて始めました。

カンナ:僕はgroupBJに入る前に高校卒業してすぐ10店舗近くのホストクラブに体験入店しに行きました。
ただ元々ホストへの偏見等があった為、結構慎重に店選びをしていました。中々入りたいなと感じた店がなかったのでラストここの店に魅力を感じなかったらホストは断念しよう。。と思ったときに出会ったのが一条ヒカル社長で、その時に話した感じを見て「この人に付いていこう」と、一目惚れに近いのかもしれません。(笑)

 

Q.悩んだ事はありましたか?

瑠衣:たくさんあります。

ルカ:5月度は色々な事を考えさせられました。(笑)

カンナ:それこそ最初の頃は18歳で右も左も分からず、正解がわからないままがむしゃらにやってきたので不安もありました。ただお店ではその顔色を見せず頑張って接客していたら、一条ヒカル社長に営業終わり裏に呼び出されて、「お前今日大丈夫か?何かあったか?」って。その時に改めて惚れ直して、悩む時間があったら相談して、頑張って仕事をやっていれば大抵の悩みは吹き飛ぶので、今はないですかね。

Q.上半期のランキング発表が近づいてきましたね。手応えは如何ですか?

瑠衣:手応えはありますが、レベルが低くなっているのが悲しいです。

ルカ:僕のお姫が背中を押してくれているので手応えはあります。

カンナ:この年齢とこのキャリアでグループの方にも名前を知っていただいて、Classyを引っ張っていってる勝手な自負を勝手に背負ってるので、まだまだ上を目指します。

Q.それでは最後に一言お願いします。

瑠衣:ナンバー1を取ってから初回が一切取れなくなりました(笑)

ルカ:僕を支えてくれる全ての方々に日々感謝をしています。驕らず邁進していきますので、これからもルカを宜しくお願いします!

カンナ:僕がclub Classy如月カンナです。安い愛はいりません。よろしくお願いします。(笑)

 


三上瑠衣: Twitter / LINE

ルカ:  LINE

如月カンナ: Twitter / LINE

© group BJ. All Rights Reserved.