INTERVIEW/対談

2019.11.15

インタビュー

インタビューwith星七(CLUB BIDAN) 2019年10月度JKC GROUP NO.1

group BJにて毎年開催される、入店1年未満のキャストを対象とした月間売上レース「Junior King Cup」、通称「JKC」。
2019年10月度JKCは、同月1000万PLAYERとなったCLUB BIDANの星七が覇者となった。

 

Q.JKC1位で終えた今の気持ちを教えてください。

まずはホッとしたという気持ちが大きいです。
ずっとJKCを意識していたので、1位を獲りたいと口に出して言っていました。

月の途中で中間の発表があって、そのランキングも1位だったのですが、もし最終の結果で負けてしまったら、僕がかませ犬になってしまうので、そうはなりたくない、自分が1位を獲って終わりたいと思っていました。

 

Q.最初から1位を意識していましたか?

はい。めちゃくちゃ意識していました。

JKC10月スタートなのですが、9月末の時点から1位を意識していましたね。
本当に1位以外には興味がなかったです。

あとはJKCの月に1000PLAYERになりたいという気持ちが強くありました。

Q.初めて1000万を売って心境の変化はありましたか?

心境の変化はそんなにないのかも知れません。

ただ、1000万円を売り上げる事が出来たからこそ、もっともっと謙虚になって、気持ちを引き締めようという思いは強くなりました。

「あの人は1000万円売っているからこういう態度なんだ」とか「こういう言動なんだ」とか
周りから自分がどう見られるのか、改めて自分の言動を見つめ直して、自分を律していこうという気持ちが強くなりました。

ホストは、売上が上がると態度も傲慢になっていくと思われるかも知れませんが、自分は絶対にそうはなりたくないと思っています。
自分よりすごい人は沢山いるので。

 

Q.そもそも、ホストをはじめたきっかけは何ですか?

僕は今大学生なのですが、一度は夜のお仕事を経験したいなと思っていたんです。
周りの友達からも、「お前はお酒強いし、いけるよ!」みたいな感じで勧められていて。(笑)
それでBIDANに体験入店に来てみたのがきっかけです。

最初はもうめちぇくちゃキザな人しかいないんだろうな。。って身構えて来たのですが、店舗の皆さんが本当に良い人で、イメージが変わりました。
それから半年程考えてBIDANに入店しました。

Q.今までに影響を受けた人物はいますか?

父親です。僕の父はかなり厳しい人で、幼い頃から難しい話を聞かされていました。(笑)
父は経営をしているのですが、お金の事も昔から教わっていて、「約束されたことをしっかりできるか、時間を守れるか、良い人間関係を作れるか、それがきちんとできればお金は後から付いてくるよ」と。

父の言動から、時間に厳しく、且つ大切にすることや、人と人との関わり方を大切にするという事、人間として正しいあり方を教わりました。

 

Q.最後に今後の目標と注目して欲しいところを教えてください。

目標は年間売上1億円プレイヤーになる事です。あとは年間のナンバーに食い込むことですね。

ただ、これは数字的な目標で、僕がいつも思っているのは、来て頂いたお客様に楽しんで欲しい、笑顔になって帰って欲しいなっていうことです。

人を楽しませることが出来る人間でありたいなと思っています。

 


 

星七: Twitter / InstagramLINE 

© group BJ. All Rights Reserved.